一軒家

地震のことを考える

不動産

日本はいつどこで地震が発生するのかわからない地震大国で、阪神淡路大震災をきっかけに地震に対する住宅の安全性が注目されるようになりました。住宅販売会社は各社しのぎを削って耐震住宅の開発に努力をしています。様々なメーカーが独自のブランドで耐震住宅を開発していますが、耐震住宅の特徴は地震の揺れが直接家屋に伝わる構造になっています。また、揺れに対して強い構造になっているので台風や強風などでも住宅の揺れを防いでもらうことができます。 地震が発生した際に住宅に負荷がかかるたびに住宅がダメージを受けて損傷をしますが、この事実はあまり知られていないようです。また、建物内部の家具が転倒しやすいというデメリットもあるので固定が必要です。

現在の建築基準法では耐震住宅だけを住宅に採用するように制定されていますが、実は地震に本当に強い家を建設したいのであれば免震と制震、この2点の技術も取り入れる必要があります。制震と言う言葉は聞きなれないと思いますが、最近注目されているのはこの制震の技術なのです。この技術を住宅に取り入れていると、地震が発生した際に建物へのダメージが少なくなるのでほとんど損傷をすることはありません。住宅に追加の工事費用が必要になりますが、建物の耐久性を考えると必要な出費とも言えます。免震住宅は建物自体に揺れを伝えない技術のことです。建物の土台に技術を活用する事になるので、工事費用が高額になってしまいますし、土地によっては設置することもできません。