一軒家

建築できない住宅

再建築不可の特徴を知っておこう

一軒家

住宅にもいろいろな住宅がありますが、その中でも不運な運命をたどっている住宅があります。それが再建築不可の建物です。もともとは法律で決まったいたわけではなく、建物が建てられた後から法律が出来て、再建築が出来なくなってしまったのです。 再建築不可の建物は公道(道幅4メートル以上)に2メートル未満しか接地していない土地の上に建つ建物です。この法律にはそれなりの意味があり、公道に2メートル未満しか接していない奥の方にある再建築不可の建物は、万が一火災が起こった時など消防車が進入することが難しく、その間に周りの家に延焼してしまうからという理由です。 これにより、再建築不可の住宅を一度更地にすると、再び建築できないため、普通に考えれば隣の住人から土地を購入して公道に接する面積を増やすという方法しかないのです。

リノベーションというありがたい裏ワザ

ところが、再建築不可の建物でも、リノベーションやリフォームなら行えるのです。これはかなり強引な解釈ですが、リノベーションやリフォームをする場合でも、柱一本でも残っていればそれは再建築にはならずにOKだというものです。 これに関連して火事で全焼ならば建築不可、半焼なら建築可などという考え方もできます。 リノベーションはテレビ番組で度々再建築不可の建物を新築同様にし多内容が放送されて人気を集めました。 これにより、近年再建築不可の建物にリノベーションを行う人が増えています。 ただし、注意をしておかなければいけないことがあります。もし、リノベーションをしたとしても、何らかの理由により火災が起きて全焼してしまったら、そこに住むことはできないという点です。